太陽光サポートセンター株式会社

太陽光サポートセンター株式会社

  1.  HOME
  2. 産業用メンテナンスサポート
  3. よくあるご質問

産業用メンテナンスサポート

よくあるご質問

お客様からよくいただくお問い合わせにお答えします。

 

■産業用に関するご質問
【全般】
  • Q. 太陽光発電システムはメンテナンスフリーと聞いたことがありますが、メンテナンスは必要ですか?
  • A. 2017年4月の法改正により4年毎の電気点検が義務付けられました。
    太陽光発電システムは電気設備である以上、様々な不具合が出ることが想定されます。定期的なメンテナンスを行うことで不具合の早期発見につながり、事故や発電量減少等に対する事前の対処が可能となります。
  • Q. まずは登録だけしたいのですが?
  • A. もちろんご登録だけでも結構です。ご登録いただきますと、以降20年間に渡り各種サービスをお申込み、お受けいただく事ができます。
  • Q. 太陽光サポートセンターではメンテナンスの実績はどのくらいありますか?
  • A. 住宅用ではこれまで約10,000件のお申込をいただき、年間3,000件程度のメンテナンス実績があります。
  • Q. 屋根上に設置している低圧発電システムのメンテナンスも対応してもらえますか?
  • A. 当社のメンテナンスサービス【5つの安心サポート】は『低圧産業用野立て設置』専用です。屋根上システムのメンテナンスについては個別のお見積対応となります。 →お問合せはこちら
  • Q. 高圧発電システム(50kW以上)のメンテナンスは対応してもらえますか?
  • A. 高圧システムのメンテナンスにつきましてはお見積対応となります。 →お問合せはこちら
  • Q. 太陽光サポートセンターの会社規模は?
  • A. 弊社は東証一部上場のエネルギー商社『シナネン株式会社』のグループカンパニーで、シナネン株式会社が100%出資し設立された会社です。
【点検について】
  • Q. システムの容量はモジュール出力値とパワコン出力値のどちらが基準になりますか?
  • A. いずれか小さい方の出力合計値が基準となります。
    例)モジュール合計値42kW、パワコン合計値38.5kWの場合、パワコン合計値の38.5kWが基準となります。
  • Q. 点検の際の時間指定はできますか?
  • A. 基本的に時間指定は承っておりません。
  • Q. 点検で異常が発見された場合はどうなりますか?
  • A. 報告書にてご報告いたします。まずは販売会社様および施工会社様にご相談下さい。
  • Q. 点検はどのくらいのペースですれば良いのですか?
  • A. 頻度は多いに越したことはありませんが、『標準プラン』は3年~4年に1回、『簡易プラン』は1年~2年に1回程度が目安となります。
  • Q. 点検作業員の方はどのような方ですか?
  • A. 第二種電気工事士の資格を有した経験豊富な作業員が行います。
  • Q.点検作業で不具合が見つかった場合、その場で修理してくれますか?
  • A. いいえ。あくまで点検業務となります。放置すると危険な可能性(ボルトの脱落等)がある場合は応急処置をいたしますが、それ以外の場合はお客様へのご報告までさせていただきます。不具合があった場合は、まずは販売会社様及び施工会社様にご相談下さい。
【定期巡回について】
  • Q. 定期巡回ではどのようなことを確認してもらえますか?
  • A. 設備の破損、不法投棄、雑草の状況等を確認いたします。→定期巡回サービスメニュー
  • Q. 不法投棄物が発見された場合、廃棄はしてくれますか?
  • A. 弊社では廃棄処分や廃棄処分の手配は承ることができません。
  • Q. 巡回日は事前に教えてもらえますか?
  • A. いいえ。巡回はランダムで行います。巡回日や時間帯についての事前連絡はございません。
  • Q. 巡回料金(34,800円税別)は1回の料金ですか?
  • A. いいえ。年間4回の巡回料金となります。
【かけつけについて】
  • Q. どのようなことに対応してくれますか?
  • A. 落雷時のパワコン手動復旧作業、竣工前検査、動作確認、各種機器交換作業等に対応いたします。→かけつけメニュー
  • Q. かけつけサービスでは連絡をしてからどのくらいで来てくれますか?
  • A. お申込みから5営業日内での訪問とさせていただいております。※緊急かけつけではありません。
  • Q. およその金額はいくらになりますか?
  • A. 作業項目により異なります。着手金22,100円(税別)+各種作業料となります。
【雑草対策について】
  • Q. 雑草対策は何をしてしてもらえますか?
  • A. 草刈りの他、防草シート等、現場状況や費用に応じた各種メニューを取り扱っております。→雑草対策メニュー
  • Q. 草刈り作業はどのように行いますか?
  • A. 通路は機械を使用し、モジュール下は手作業にて行います。飛び石によるモジュールの破損が無いよう、養生をしながら行う等、様々な配慮をしながら行います。
  • Q. 草刈り後の草は処理してもらえますか?
  • A. 原則として刈り倒しです。(ただし、必要に応じ自治体等のルールに則り、適切に処理をいたします。)
  • Q. 防草シートはシステム設置後でも施工可能ですか?
  • A. はい。杭や基礎があっても切り込みを入れて施工し、巻き上げを行いますので、杭や基礎の隙間から草が生えにくいように施工します。
  • Q. 防草シートの耐用年数は何年ですか?
  • A. メーカー参考資料による耐用年数は10年となります。※耐用年数を保証するものではありません。
  • Q. 除草剤を撒いてもらいたいのですが?
  • A. 近隣への配慮、また土壌汚染のリスクがある為、当社では除草剤は使用いたしません。
【洗浄について】
  • Q. 発電所に水道がありません。モジュール洗浄は可能ですか?
  • A. はい。水を持ち込める状況であれば大丈夫です。
  • Q. 洗浄には洗剤を使いますか?
  • A. いいえ。環境配慮の観点から、当社では使用いたしません。ブラシ付きの洗浄機を使用することで、水で充分汚れを落とすことが可能です。(ただしすべての汚れが落ちるとは限りません)
  • Q. モジュールに傷がつくことはありませんか?
  • A. モジュールに優しい洗浄機を使用し、丁寧に洗浄いたします。→洗浄メニュー
  • Q. 高圧洗浄機で洗浄するのですか?
  • A. 一般的に高圧洗浄はモジュールにダメージを与えると言われている為、当社では使用いたしません。